タグ別アーカイブ: 社会保障

生協労連中四国地連パート部会学習交流会

(3) (0) (0)

 5月12日(土)オルガ5Fにて7単組38名の参加で“中四国地連パート部会学習交流会”を実施しました。今回の学習講演は野田首相が政治生命を掛けているという「税と社会保障の一体改革」の重要な部分である“年金”にスポットを当て、とりあえず何も知らないでは何も言えないということで第1歩の学習会にしました。

 講師は岡山年金者組合岡山県本部副委員長、岡山支部委員長の近藤劭(こんどうすすむ)さん(写真)にお願いしました。今の年金制度は25年かけなければ1円も貰えないし、加入を義務づけておきながら貰う時は申請をしないと貰えない。25年に1日でも足りなかったら1円も貰えない。など基本的なことから教わりました。
 そして、日本の年金制度は男女差が大きく、女性は基礎年金しかない人が多い。厚生年金でも平均で大きく男性を下回っています。雇用の条件や賃金などの男女不平等が年金になって現れる等ここでも男女格差があることを知りました。そして、無年金者に対して健康で文化的な生活を保障している憲法に違反しないのか。年金を掛けてなくてももらえる最低保障年金制度の確立を求めていかなければならないと強くおっしゃっていました。
今まで無関心でいた年金制度を少し知るだけで、心もとない老後に不安が増すと共に労働組合の最賃1000円の運動が将来の年金の額にまで繋がっていることも感じて、士気も上がりました。
午後は3つの分散会に分かれて交流を深めました。他県の状況が分かって良かった、職場は違っても同じ悩みがあるんだ、県別の賃金格差にあぜんとした等々の感想をもらい、それぞれの分散会で有意義な交流が出来たと思います。
今回はやまぐちのサービスセンターの仲間が2名初めて参加してくれました。ひろしまが行事の都合で参加が無かったのが残念でしたが、中四国の仲間が集える場をもっと増やしていきたいと考えています。

カテゴリー: TOPIXニュース, 定時職員部会, 活動日誌 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

あなた、老後のこと…考えてます?~ライフプラン学習会ご案内~

(1) (0) (0)

[ 2012年5月26日; 1:00 PM to 8:00 PM. ]  ミドルエイジの会が下記の日程でライフプランの学習会を計画しています。実のところ、50を過ぎてから老後のことを考えていたんでは遅すぎるんですよね。本当なら30代や40代のうちに定年後のことを考えて準備しておかないと間に合わないわけです。でも、今更そんなことを言ってみても仕方がないので、今からできることをやっていく…これです!けど、何したらいいの?そんなあなたは是非参加してね!若手の皆さんの参加も大歓迎ですよ、今からならまだ間に合うかも!?

日時 5月26日(土)13:30~15:30
会場 オルガ4Fマウント
テーマ 「公的年金について、50代で準備しておくこと」
講師 おかやまコープLPAの会
準備物 年金定期便、電卓、筆記用具

※学習会後(16:30~)、カフェグレンで交流会をします。会費は4000円(飲み放題)です!

カテゴリー: TOPIXニュース, 企画案内・募集, 活動カレンダー, 活動日誌, 青年・女性・ミドルエイジ部会 | タグ: , , | コメントをどうぞ

“怒”!いのちと暮らしを守れ!6.23中央行動

(0) (0) (0)

[ 2012年6月23日; 1:00 PM to 3:00 PM. ]  現在開かれている通常国会の会期末が確か6/21。この国会で消費税増税をはじめとする数々の悪法を成立させようともくろんでいる野田内閣。しかし、解散総選挙をにらみ、情勢は流動的です。会期も延長される可能性もあり、まさにその瞬間に大集会を開催します。岡山からも労組役員を優先し派遣しますので、ご希望の方はお問い合わせください。詳細はこちら>>6.23国民大集会

カテゴリー: TOPIXニュース, 企画案内・募集, 活動カレンダー, 活動日誌 | タグ: , , | コメントをどうぞ

障害者自立支援法って?名前はカッコいいけれど…(学習決起集会ご案内)

(0) (0) (0)

[ 2012年5月15日; 6:00 PM to 8:00 PM. ]  障害者自立支援法は、個人負担の増加で“自立”どころか、その家族を含めて暮らしていけないような状況に追いやる法律。それを廃止すると公約した民主党。ここでも国民を裏切った民主党の姿が…。とはいっても、その実態があまり知られていないことも事実。学習をすすめよう!詳細はこちら>>国は「基本合意」を守れ!岡山フォーラム

カテゴリー: TOPIXニュース, 企画案内・募集, 活動カレンダー, 活動日誌 | タグ: , | コメントをどうぞ

ドジョウはすくえても、国民は救わないのか!2/9-10中央行動

(6) (0) (1)

 2月9~10日、東京で2012春闘中央行動が多彩に展開された。全労連の一角を担う生協労連は、全国から約500名を動員、国会議員要請や省庁交渉、中小企業団体や商工団体、チェーンストア協会などへの要請や懇談、集会やデモ行進を行った。
 中四国地連からは約40名が参加、地元国会議員への要請を中心に、消費税増税反対、最賃1000円の実現、パート法の改正などを訴えて回った。

 国会開会中ともあって、議員本人と会えた仲間は少なかった…。それでも、議員要請を初めて体験した仲間も多く、いい経験になったようだ。その1人、岡山のN君(20代既婚)は、「自分の年収は300万足らず。ワーキングプアと言われる200万以下ではないが、それでも税金や社会保険料を支払うと暮らしはとても厳しい。これに更に消費税が上がると、安心して子供も育てられなくなる。将来がとても不安だ」と議員秘書に向かって声をふり絞った。
 議員秘書自身がいくら報酬をもらっているのかは知らない(もちろん彼らだって選挙の度に雇用不安を感じることもあるかもしれない…)が、こんな声をどういう思いで聞いていたんだろう?ちゃんと議員本人に伝えてくれるのだろうか…。秘書には何の責任もないのだが、そんなことを思いながら後ろからシャッターを切った…。
 団体要請では、中四国地連からは私が中小企業庁に要請に行った。若い(?)担当官(係長)が対応したが、その主張は主にこんな感じ…
「中小企業支援としては、海外進出(製品売込含)支援や資金繰り支援・相談、技術支援策などを積極的に進めている。国内のマーケット(需要)は人口減少で縮小する。海外需要を取り込んでいかなければ活路は見出せない。それができるよう支援して企業の業績が上向けば雇用も確保され、賃金(※要請は最賃1000円で中小企業支援というのもあった)も上がっていくことになる」…というもの。
 聞いていて、いつまでそんなこと言ってんだ!って思う。若い(つまり下っ端)担当官にいくら言ってもしかたないのかもしれないが、そんなこと(人口減少)はもう何年も前から分かりきっていたことで、その間に実施されてきた対策(海外進出支援云々)では、結局何にも良くなっていない(中小零細企業にとって!)というのが現実の姿ではないか。つまり、民間のサラリーマン風に言えば、ちっとも“成果を出せてない”わけである。
 確か、あの坂本光司教授が中小企業庁の出身だったような…。官庁にいた際に、その対策と現実のギャップに嫌気がさして独自に研究者になったとかなんとか…と読んだ気がする。とどのつまりはその頃と何にも変わっていないということなんだろう。
 さて、10日昼は日比谷野音で中央集会、その後は銀座パレード。中四国は「ドジョウはすくえても、国民は救わないのか!泥にまみれているのは国民だ!と、地元島根県の伝統芸能“やすき節”の扮装(?)で羞恥心を超えたパフォーマンスで沿道に訴えた!皆さん、ほんとにお疲れでした!
 (注:決してやすき節が恥ずかしいと言っているのではありません)
 最後は経団連前集会。以前のビルは“これが天下の経団連?”と思うような古いビルだったのだが、最近引っ越したそうで、なんとも立派なビルに大変身!こいつらが日本の諸悪の根源かと思うと、ほんとに頭にくる。こいつらのせいで、ワーキングプアが広がり、貧困と格差を極限にまで広がった。そうした犠牲の上にふんぞりかえり、それでも足らぬと法人税減税と消費税増税を推し進める…。
 こいつらの力は巨大だ。きっとビルの上の方から、我らを見下ろしてせせら笑っているに違いない。しかし、歴史は必ず前進し、それは道理ある方向へと流れるのだ。そして我々は、少しでもその流れが早く進むよう、我らの子孫のためにその歩みを緩めないのだ…と心に誓い、ビルを見上げるのだった。
 

カテゴリー: TOPIXニュース, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

TPPで社会保険が喪失!?

(3) (0) (0)

 野田首相は、11月12日のAPECでTPP協議に参加を表明するために着々と準備をしています。 玄葉外相、前原政調会長も賛意を表明しています。民主党のプロジェクトチームは11月2日までに党内の意見を集約する予定です。
 この動きに対する国民的反撃が大きく起こっています。農業関係、医療関係者の動きは目立ちますが、労働組合の動きが悪いのが気になります。

 TPPは、関税障壁と非関税障壁を100%取り払うことを原則にしています。非関税障壁はありていに言えばアメリカに制度をあわせるということです。
 つまり、アメリカにない健康保険、労災保険、介護保険などは非関税障壁としてなくされる可能性が高いのです。外国の安い労働力も流入します。TPPに反対することは労働組合として当然な話です。
 今からでも全力で反対運動を起こしていきましょう。 

カテゴリー: TOPIXニュース, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌 | タグ: , | コメントをどうぞ

年金第3号被保険者「130万未満」の基準見直し!?

(0) (0) (0)

 厚生労働省は8月28日、国民年金の保険料を納付しないでも給付が受けられる「第3号被保険者」について「年収基準130万円未満」から引き下げる方向で検討に入りました。数10万円の大幅な引き下げも視野に入れており、基準見直しが実現すれば女性の働き方が大きく変わる可能性があるとされています。9月1日に新設の社会保障審議会の特別部会でパートなど非正規労働者の厚生年金や健康保険への加入拡大に関する論議の一環として検討されます。厚労省は年内に特別部会の意見を取りまとめ、来年以降に関連法案を国会に提出したい考えのようです。

 現在、パートが厚生年金に加入するには、同じ事業所の正社員の4分の3(週30時間)の労働時間が必要です。保険料は、収入の16.058%を労使折半で納めています。30時間未満でも年収が130万円以上であれば3号ではなくなり国民年金の保険料月額15,020円を支払わなくてはなりません。厚労省は労働時間の基準を「週20時間以上に緩和した場合、400万人が新たに加入する」としています。
 これまでも基準の引き下げについては幾度か検討課題になりましたが、経済界の強い反発によって実現には至りませんでした。対象者にとって今後の動向から目が離せませません。
  このほかにも社会保障審議会では、年金制度の改悪に向けて、具体化作業を進めており、マクロ経済スライドの適用拡大による、すでに年金を受けている人の 支給額引き下げや、支給開始年齢のさらなる引き下げを議題にあげています。
 マクロ経済スライドは、物価と賃金が上昇しても年金額の上昇幅を抑え、実質的に目減りさせる仕組みですが、これまで物価と賃金の低下時には発動しないルールが設けられてきました。これを、物価と賃金が低下しているときにも発動し、物価下落幅以上に年金を減額することを検討するものです。

カテゴリー: TOPIXニュース, その他の情報, アルバイト部会, 定時職員部会, 活動日誌 | タグ: | コメントをどうぞ

介護に働く仲間の全国学習交流集会

(0) (0) (0)

[ 2011年10月16日; 10:00 AM to 4:00 PM. ]  下記の日程で全国学習交流集会が開催されます。福祉部の仲間で参加ご希望の方がおられましたらお申し出ください。詳細はこちら>>第9回介護に働く仲間の全国学習交流集会

日時:10月16日(日)10:00~16:30
会場:全労連会館

カテゴリー: TOPIXニュース, 企画案内・募集, 活動カレンダー, 活動日誌, 福祉事業 | タグ: | コメントをどうぞ