タグ別アーカイブ: 非正規

第59回日本母親大会が開催されます

(6) (0) (0)

[ 2013年8月24日 1:00 PM to 2013年8月25日 1:00 PM. ] 2013年8月24日25日と東京で第59回日本母親大会が開催されます。母親が変われば社会が変わる!平和を願って草の根の運動を続けてきた母親たちの思いは世代が替っても受け継がれてきました。

1954年。2世代、3世代前の日本婦人の訴えから世界母親大会が開催されることになりました。世界母親大会に寄せられたギリシャ人の詩人ペリディス婦人の詩の一節「生命(いのち)を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」は、今日まですべての母親・女性の心をとらえ、連帯のスローガンになっています。

憲法改悪に不安な気持ちを抱くのは、まず母親・女性たちではないでしょうか。記念講演は弁護士 伊藤 真さんの「憲法のいきづく国にー私たちに求められるものは」です。分科会も抱負です。参加してみたい方は労組までご連絡ください。

若干名を募集しますので、初めて参加される方を優先させていただきます。詳しくは労組にお問い合わせください。>>>日本母親大会in東京

カテゴリー: TOPIXニュース, 企画案内・募集, 定時職員部会, 活動カレンダー, 活動日誌, 部会・支部・業態別 | タグ: , , | コメントをどうぞ

パート部会総会フィールドワークin宮城

(3) (0) (0)

 9月29~30日と生協労連パート部会総会が宮城県松島で行なわれました。今回は分科会を全てフィールドワークとし、参加者180名は5台のバスに分乗して宮城県の被災地を巡り、仮設住宅を訪問しました。
 東北の仲間の現状を見て欲しい知って欲しいという声と、知ることから始めようという思いから始まったことです。台風の影響もあり、天候が心配されましたが29日は暑いくらいでした。3号車では元市議の福島さんが窓から見える風景をガイドしてくれました。仮設住宅も請け負った会社によって外観や断熱などに差があることや、高台の住宅地も地盤被害があることなどの説明を受けました。
 荒浜までの道中、見渡す限りの荒れ野の中に壊れた家が点在する地域が思ったよりもずっと広いことに驚きました。荒川地区では「荒川再生を願う会」の木田さんが、危険区域になって住めなくなってしまった。ここで暮したい、ここで生活したい、移転か今の場所か選択できるようにして欲しいと訴えました。佐藤さんは全てを無くしたけど命があるのが有り難い。みなさんも津波が来たらどこに逃げるか家族で3ルート位は話あって決めておいてくださいと私達のことを気遣ってくれる言葉に胸を打たれました。私達はさっそく缶バッジを購入し、署名に協力しました。
 仮設住宅訪問は3号車は3箇所に分かれて訪問しました。バスの中で、なんて声をかけたらいいだろうか、話を聞かせてくれるのだろうかと不安でした。2人1組でのお宅訪問は、1軒目は「生協で働くパートの仲間です」と言ったとたんに「結構です」と言われました。う~む、生協の勧誘だと思われたのかも・・・ 2軒目はすぐに出てきてくれましたが「何かお困りのことはありませんか」というと「そういうことは私は分からないから」と警戒された様子でした。しかし「荒浜に行ってきたんですよ」というと「私は荒浜に住んでいたのよ」と色々話を聞かせてくれました。住めるもんなら帰りたいという言葉が心に残りました。わずかな時間でしたが宮城での出会と経験を通して、これからの東北支援活動に生かしていきたいと思います。
 

カテゴリー: TOPIXニュース, 定時職員部会, 活動日誌 | タグ: , , | コメントをどうぞ

アルバイト部会準備会が活動を再開!

(2) (0) (0)

 7月14日、サンロード吉備路でアルバイト部会準備会の総会を開催しました。前の部会長が退職して以降、部会長不在のまま活動も滞っていましたが、新しい会長を選出し、今後の取り組みとして仕事に活かせる学習・研修とレクリェーションを組み合わせてより多くのアルバイトの仲間が参加できる取り組みを進めていこうと確認しました。

 当日は、総会と合わせて昼食バイキングと温泉をセット、未加入の仲間も誘って交流を深めました。それにしても元気な仲間が多く、昼食バイキングで十分懇談しあったかと思いきや、総会自体も予定を1時間もオーバーするほど色んな話(生協や上司などに対する不満など)で盛り上がりました。
…話が盛り上がりすぎて、写真を撮るのをすっかり忘れてました!(泣)
 アルバイトの皆さんは、生協に入る前は様々な仕事(正規雇用を含)を経験している人が多く、生協の職場運営は異常に思える側面が少なくないようです、情けない話ですが。そんな話を交渉で理事会に伝えてくれればいいんですけどねぇ。
 ところで、未加入の仲間…その方はもちろん(もしかして圧倒されたかも?)労組に加入してくれましたよ!

カテゴリー: TOPIXニュース, アルバイト部会, 活動日誌 | タグ: , , | コメントをどうぞ

はたして、これは“上からの上意下達型の運動”なのでしょうか?…と、お詫びがてら…

(7) (0) (0)

 素晴らしい!コープかごしまの理事会と労働組合が共同して、消費税増税反対のトラックデモ(約60台)が実施された。同時に繁華街での署名宣伝行動もあって、1時間の取り組みで250筆以上を集めたという。そういえば昔、売上税や大型間接税が導入されようとした時、おかやまコープ(当時は岡山市民生協だったかな?)でもトラックに“増税反対!”の横断幕を付けて走ったっけ…。

 鹿児島のすごいところは“労理共同”ってこと。今のおかやまでは考えられないですね。今春闘の回答によれば、“以前のそういう運動は『組合員発』ではなく、生協側が決めて進めた『上からの上意下達型』の運動だった”そうですから、このコープかごしまの取り組みは、彼らの目にはどのように映るんでしょう…?やっぱり“生協側の思いだけの運動”とか“自己満足”とか言うんでしょうか…。
 さて、この映像、実は一昨日から昨日(6/2~3)にかけて岡山で開催された非正規労働者全国交流会の夜の夕食交流会で放映するはずだったのです…、が、いやはやもう何とも、私の口からはもうお詫びすることしかできないのですが、150名もの参加だった夕食交流会、そのメインとなるはずのバイキング形式だった料理の出が遅く、大行列だけならまだしも、ほとんど何も口にできないという人まで出てしまいました。なので、その大混乱の状況の中で、映像を流すなんていう余裕はまったく無かったわけです。わざわざ遠くから岡山までおいでいただいたのに、そのような事態となってしまって、誠に申し訳ありませんでした。司会をしていた私も、何とか場が和むように懸命に努力したつもりだったのですが、それが逆に開き直っていると受け止めた方もいたようで、もし、気分を害された方がいらっしゃいましたら改めてお詫びしたいと思います。
 そういうわけで、コープかごしまのトラックデモ映像をここでご紹介します!皆さん、全国の仲間に広げてくださいね!コープかごしまのYOU TUBEチャンネルはこちら。

カテゴリー: TOPIXニュース, 定時職員部会, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌 | タグ: , , | 4件のコメント

日本の常識は世界の非常識…(6/2-3全国非正規交流会)

(1) (0) (0)

 6/2~3日、非正規労働者の全国集会が岡山で開催された。2日間で延べ約900人が参加した。私も要員を兼ねて参加したが、印象的だった話を一つ。あなたは、非正規労働者と正規労働者、世界ではいったいどっちの賃金や労働条件が劣悪か、ご存知か??

 私が参加した第1分科会「派遣切り、非正規切りとのたたかい」では、全国各地でたたかう派遣や非正規で解雇された仲間が集い、闘いの経過や到達点、教訓、裁判の視点などを出し合い交流した。その中には、外国人労働者もおり、劣悪な労働条件や外国人であるがゆえの差別の実態などを告発された。
 その中で印象的だったのが、「外国では非正規労働者の方が、正規労働者よりも賃金が高い」という話が出されたことだ。つまり、雇用が不安定だからこそ、より高い処遇でその労働者のくらしを保障する…それが諸外国の常識だと。しかし、日本の実態はその全く逆である。それが当たり前になっている環境にならされているためか、正直私も“非正規の方が条件は劣悪”というのが前提となった発想をしていた。
 やはり、視野は広く持たなければいけないし、何よりもそのことが“人間としてどうなのか”という基準で物事を考えないといけないと改めて感じた分科会だった。

カテゴリー: TOPIXニュース, 活動日誌 | タグ: , | コメントをどうぞ

第20回 非正規ではたらくなかまの全国交流集会 in 岡山

(2) (0) (0)

[ 2012年6月2日 1:00 PM to 2012年6月3日 12:00 PM. ]  岡山で開催される全国レベルの交流会。全国の仲間が岡山に結集します。労働者の中でも最も立場が弱く、未権利の状態に置かれている非正規労働者。彼らの処遇改善無くして労働者全体の地位や権利の向上はありえません。比較的守られていると安心している正規労働者らは、彼らの犠牲の上に自分たちの身分があるのだということを今こそ自覚すべきです!岡山での全国集会、地元から多数の参加で大きく成功させましょう!
 詳細はこちら>>全国交流会案内(中執・セパ分会長は必ず参加を!)

カテゴリー: TOPIXニュース, アルバイト部会, 企画案内・募集, 定時職員部会, 活動カレンダー, 活動日誌, 部会・支部・業態別 | タグ: , , | コメントをどうぞ

2012年部会春闘学習交流会をしました。

(3) (0) (0)

2月18日(土)10時~15時まで藤田本部にてパート部会による「新春・2012春闘学習交流会」を開催しました。(参加者22名)
はじめに春闘回答受取を前に高木部会事務局長より獲得目標の再確認がありました。その後、生協労連 副委員長の北口 明代さんを講師に迎えて「正規・非正規、男・女の均等待遇の実現のために 最低賃金の大幅引き上げと実行あるパート法の改定を!」という内容で学習会を行いました。

非正規労働者がなぜここまで増えたか、世界の中で異常な賃下げの日本等パワーポイントと資料を使いながらの話は分かり易く、パートタイム労働者数は?などとクイズをはさみながら飽きさせない工夫に皆真剣に学習する姿がみられました。
パート法の成り立ちや課題、ILOから是正勧告が相次ぐ国際基準に程遠い日本の実態など、ため息の出る現実に参加者からの感想として「同一価値労働同一賃金の話を聞くと、配送や本部などは同じ仕事をしていると思う」「店は同じ仕事をしている正規がいなくなっている」「最低賃金1000円には程遠いのでこれからも頑張って働きかけていきたい」等寄せられました。
全体交流会では日頃聞く事の無い他部門のパートの実態をざっくばらんに語ってもらいました。日頃分からない他センターの様子が聞けて良かった。これからも交流出来る場が欲しいという声が出たり、シッパーの話題が出た時は生鮮部門とセンターとでシッパーのヨゴレについての情報交換ができました。
交流することの大切さを改めて感じることの出来た学習交流会となりました。

カテゴリー: TOPIXニュース, アルバイト部会, 定時職員部会, 活動日誌, 部会・支部・業態別 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

今日の四役会議…アルバイトや委託の仲間に謝りたい…!

(5) (0) (0)

 今日の夜は四役会議であった。“四役”というのは、“委員長”“副委員長”“書記長”“書記次長”の4つの役職を指す。つまりは、労組の幹部会議だ。議題は春闘の要求論議。職場で議論された様々な意見を基に、要求案の修正を検討したのだ。

 書きたいのは、その要求案の内容ではない。いろんな意見が出ているので、それはそれで、今後の要求論議に生かしていきたいところではあるのだが、その出されている意見の中に“アルバイトに寸志は必要ない”とか、“委託は他社なのだから生協労組の要求に加える必要はない”とか、そんな意見がいくつか上がっていて、とても気になったのだ。
 意見を言うのは自由だ。しかし、同じ職場で、同じ生協の課題をがんばっている仲間たちを、こうした意見を言う人たちは、いったいどういう目で見ているのだろう?もちろん、アルバイトの中には学生もいたり、ちょっとした小遣い稼ぎ程度のつもりの人もいるかもしれない。しかし、中にはアルバイトだけの収入で暮らしをやりくりしている仲間もいるかもしれないし、少なくとも委託の仲間は、結婚していれば一家の大黒柱として、独身でも自身の将来を夢見てがんばっているはずだ。
 そういう彼らに対して、上記の意見はあまりに心無い言葉ではないか。彼らは、少なくともこうした意見を平気で言っている“正規職員”とは比較にならないほどの劣悪な労働条件で、同じ課題を追っかけているわけである。いわば、生協は、彼らの犠牲の上に成り立っている事業といっても過言ではない。
 それでよしとするなら、それも一つの考え方だ。しかし、誰かを犠牲にしないと成り立たない事業なんて、本来必要なのだろうか。しかも、それを当然だといわんばかりの人が“正規職員”として処遇されている。生協は、より立場の弱い人たちが、助け合おうと一緒に集まって始まったのではなかったか…。
 震災の支援活動で、生協はその存在価値を高めた…あれはただの“同情”だったのだろうか。あの、“被災者のために何かしたい”という気持ちを、どうして同じ職場の仲間、たとえ雇用形態が違っても、より弱い立場の仲間たちに向けることができないのか…。
 そんな気持ちの矛盾に、私はとても悩んでしまう。この気持ちは、きっと春闘要求を論議する間中…いや今後ずっと、私の頭の中から離れないだろう。どうやったらこのモヤモヤした気持ちを整理できるのか、誰か教えてくれないだろうか…。

カテゴリー: 書記局のつぶやき…(雑感) | タグ: , | 2件のコメント