カテゴリー別アーカイブ: 店舗事業

昨日の店舗会議にて、不思議に思ったこと…

(2) (0) (3)

 店舗会議とは、店舗に関連する問題を労理で協議する定例の会議である。10/30にその会議がもたれ、主な議題は「店舗パートの採用時給の提案」問題だった。おかやまコープでパートを採用する場合は、基本的に768円が初任時給となる。しかし、店舗の仕事でのこの時給は見栄えが低すぎて応募がなく、欠員が埋まらず、現場が大変…、だから夏冬の一時金を時給に組み込み、時給の額そのものを高く見せて募集したいという提案である。

 すでに、数年前から水産と畜産のパート募集については、768円(一時金・退職金有、定昇10円20年間)ではなく900円(一時金・退職金なし、定昇5円5年間、3年以内なら768円体系への変更可)の時給で募集することに合意しているが、今回の提案は農産、デイリー、グロッサリー、サービスの部門でも同じようにしたいというものだ(ただし、金額は異なる)。
 応募がなく欠員が埋まらないなら、そりゃあ現場は大変だ。労組としては、異なる賃金体系をこれ以上導入することには必ずしも賛成ではないが、現場の実態も考慮する必要があると提案について検討を始めた…。ところが、そこで出てきた意見は、「いや、応募は来てるよ。なぜだか知らないが断っている」…というのだ。
 あれ?提案の理由が実態と違うじゃない!見栄えが悪くて応募がないんじゃなかったっけ?応募があるなら、提案の根拠そのものが崩れてしまうではないか!
 そこで、店舗会議で聞いてみた。
「現場からは応募はあると。だけど断っていると。それが事実なら、時給の見栄えが悪くて応募がないというのは事実と違うということになるけど?」
 すると、何だか色々言ってました…、以下のようなこと。
「いや、最近は応募は来ている。でも、以前は来ていなかった」…とか、
「土日は休みたいとか、仕事がきつそうとか、それで断られる」…とか、
「年齢が高すぎて…というのもあるかもしれない」…とか、
「採用面接のときに、『その時給では…』と言われて折り合わないこともある」…とか…。
 普通の人なら もうわかっただろう。そのいずれもが、時給の見栄えとは全く関係のない話なのである。4番目の話も、「その仕事の内容なら、その時給では見合わない」というだけであって、あくまで折り合えない理由は「仕事の内容」であるし、少なくとも「応募がない」という理由には当てはまらない。
 それをあくまで“見栄え”の問題にこじつけようとする理事会…。なんだか、日本語の通じない相手とやり取りをしているようで、あきれてしまったわけ。挙句の果てには、「採用面接のときに時給額を聞いて断る人もいる」なんてことも言っていたが、だいたい仕事を探している人が、その賃金(時給)を知らずに会社に来て面接を受けるなんてことがあるとでも思っているのだろうか?どうも、自分の論理が矛盾していることに気が付いていないような感じなんですよね…。
 このやり取りを通じて、個人的に思ったことがある。そもそも理事会の提案に、科学的なというか客観的なというか、そういう根拠があるのだろうかということ。何だか、一番手っ取り早いこと…この採用ができないという問題では「時給の見栄えが悪い」ということ…を理由にこじつけて、それで解決できると思い込んでいるような…。それは逆に、本当の原因を分析するということができない組織になっているのではないかと。だって、提案はいわゆる専務名で出されるわけで、組織…つまりは理事会がそれ(提案理由)を認めて提案するわけでしょう。起案者だけの問題ではないと感じるんですよね。まぁ、そうでなければいいんですけど。

カテゴリー: 定時職員部会, 店舗事業, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌 | タグ: | 2件のコメント

2013年1月3日店舗営業…決裂!

(0) (0) (0)

 皆さん、秋闘職場集会、開催できてますでしょうか?キャンペーンでお忙しいと思いますが、よろしくお願いしますね。
 さて、店舗の重点課題、1月3日の営業問題で9/6(木)、労組再要求に対する回答が出され、結果、決裂ということになりました。したがって、2013年1月3日の営業はありません。来週の頭には、労組見解と回答書を店舗の送付しますのでご確認ください。

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 政策・見解, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌 | タグ: | 3件のコメント

水畜産部門の新シフト、お盆の営業時間…合意しました(12年度第1回中執にて)

(0) (0) (0)

 サービス残業チェックなどで実際の作業とシフト勤務時間の齟齬が明白となり、店舗運営部がやっと重い腰を上げて新しいシフト勤務時間の提案が出されました…(以前から労組は指摘していたんですけどねぇ…)。現場意見を聴取の結果、問題ないとのことで合意しました。
 また同時にお盆営業の提案も出され、昨年とほぼ同じ内容で大きな不利益も生じないことから合意しました。お盆の8/12-14日の3日間は9時からの営業となります。
 一方、昨秋闘時に合意した店舗パートの通勤車両の駐車場代を一律1000円とする合意について、人事総務から実務処理が遅れており実施できていないことの経過報告とお詫びがありました。そうならそうと、きちんと現場の仲間にお知らせすればいいんですけどね。開始時期については改めて提起される予定です。

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 政策・見解, 活動日誌 | コメントをどうぞ

いよいよ決着間近…?

(0) (0) (0)

 店舗1月3日営業問題で、最終の要求を出した。昨年は、全員投票に入る直前に理事会自ら“営業断念”を決断し、今度は2013年1月3日営業に向けての交渉が継続していたもの。要求は、1月3日は絶対に休みたいという要望と、出勤してもいいけど割増しを、もしくは別途3連休の取得をというそれぞれの希望がかなうよう、「①休みを希望する者には休みを与える、②出勤した場合は200%割増しとする、③出勤した場合、別途3連休を与える、の3つの選択肢から各自が自由に選択し、その希望を最優先に1/3出勤体制を組み立てよ。それで人時が不足する場合は、本部応援を優先し、それでも不足した場合は①を選択した人に頭を下げて出勤をお願いせよ」というものだ。

 ずいぶん虫のいい要求にも見えるかもしれないが、それほど正月の休みは労働者にとっても貴重な休みということだ。だから、どんな条件が出ても反対は反対だという声も根強く、この要求に対して満額の回答があったとしても、決着のための全員投票(店舗関係職員のみ)で賛成が多数を占めるかどうかは保障できない。
 理事会は、そんな状況に「満額回答しても賛意が得られないなら、回答のし甲斐がない」などとして、納得のいく回答をしさえすれば賛意が得られるよう理事会への信頼をまずは回復させたいので、要求を出すのは待ってほしいとしていた。そして、そのために現状の制度である年間2回の3連休の取得について、一人ひとりの取得予定を年間スケジュールに落とし込み、確実に取得させるという対応を進めてきていたようだ。昨日の店舗協議会では、「確かに経営はそんな取り組みをしていたようだが、でも結局取れてない」などという声も上がっていたが…。
 さて、そんな取り組みをしてきたからか、理事会側から協議を進めよう(要求を出してほしい)との打診があった。そこで、労組として最終の要求を理事会側に正式に出したわけだ。近日中にはその回答が出される見込みで、その回答を受けていよいよ全員投票の実施となる見通しだ。回答の中身が納得できるものかどうかを議論する余裕はもうない。回答が出されれば、それに基づいて一発判断(投票)となる。
 店舗職員のみなさん、その際には漏れのない投票をお願いしたい。

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 政策・見解, 活動日誌 | タグ: | 3件のコメント

いや、驚いた!こりゃすごい!

(3) (0) (1)

 ひとつ前の記事をアップして、何かを感じたのか、生協労連のHPに飛び、何気なく新着情報の九州地連のニュースにアクセスした。正直、めったにしない行為だ(労連のみなさん、ごめん!)。そこで目に飛び込んできたのは、「店舗の年始休日は1月3日まで」という文字。しばらくは意味が分からなかった。なんと、1月3日を休みにするという回答が出たというのだ。どこの生協か…、九州の中心生協、福岡のエフコープである。その理由は、労組の連続休暇要求を考慮したとある。わが理事会に聞かせてやりたい。
 ちなみに生協労連の新着記事は、当HPの右下、アクセスカウンターの下に新着記事がアップされる度にリンクが更新されるようになっているので、皆さんも一度訪問してみて!

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 書記局のつぶやき…(雑感) | タグ: | コメントをどうぞ

軍隊式研修よりも、もっと大切で必要なこと…

(6) (0) (2)

 先日開催した店舗協議会でのこと。春闘の要求提出団交も終わり、その感想を聞いていた時に出された話だ。交渉に参加しての感想は、「店舗だけでなく、他の部署も大変なんだなぁ」とか、「発言しているうちに、“この人たち(経営陣)は私たちがどんな思いで頑張っているのかわかっているのか?”と沸々と怒りが湧いてきた」とか、まさに今の現場の思いを代弁するような感想が出された…。それはそれなんだが、あるパートの仲間がこう言った…

 「団交の次の日、役員の方がうちの店に買い物に来られました。団交で顔を覚えていたのでわかりました。レジに来られた時、“昨日はお疲れ様でした”と挨拶しました」と…。私はてっきり、役員のほうがレジの職員に向かって声をかけたものと思い込み、「へぇ~、役員はあなたが団交に参加していたのをきちんと見ていたんですね」と応じた。
 大きな勘違いだった。声をかけたのはレジの職員の方だった。もちろん、役員が全職員の顔を覚えるのは大変だ。団交に参加していたかどうかを見極めるのも難しいだろう。しかし、団交への参加・不参加は関係なく、役員が現場(店)に買い物に行き、レジに並んだ時、本来なら役員のほうから「ご苦労様」の一言があってしかるべきではないのか。まさか、自分は役員だから挨拶を“されて当たり前”と思っているわけではあるまいが、こうした細かな一つ一つに経営陣に対する信頼が生まれるかどうかがかかっていると思うのだ。
 実は続きがある。そのあと、何の拍子か、店舗リニューアルの時に研修をしたという話が出された。確か、「こんな大変な研修も受けて頑張っているのに、経営陣は現場のことをちっともわかっていない」とかいう趣旨の感想だったと思う。私は、「こんな大変な研修」というのに食いついた。
私:「“こんな大変な研修”って何?」
パート:「店舗をリニューアルしたとき、正規やパート、アルバイトまで研修をしたんです。CSの研修。グループに分けられて研修を受けるんですが、それがすごいんです」
私:「何がすごいんですか?」
パート:「ここは軍隊かっていう感じの研修だったんです。グループごとで競争させられ、挨拶とかがまずいと大きな声で怒鳴られたり、罵声を浴びせられるんです」
私:「へぇ~、今どきそんな研修やってるんですか…」
 分かっていただけただろうか。そんな研修を現場の仲間は受けさせられているのだ。もっとわかりやすく言うと「ちゃんとあいさつしろ!」ということもその一つだ。そういう研修を職員に受けさせている経営のはずなのに、冒頭の話はいったいなんなんだろう…?と感じるわけだ。
 もっとも批判と誤解を恐れずに私個人の意見を言えば、そんな研修はそもそも“クソくらえ”である。本当のCSは、そんな脅かしや強要で得られるものではない。私も一時は、いわゆるカスタマーサービスは大切だと言って“笑顔の作り方”の研修とか、実績を上げるための“会話のテクニック”とかを学ぶことは悪くはないと思っていたこともあった。でも、今ではそんなことをいくら学んでも、本当の笑顔や心からのお勧めや喜びを、相手に伝えたり表現したりすることはできないと確信を持って言える。何より大切なのは、従業員自身が経営者から大切にされ、信頼され、安心して働くことが保証され、そして責任も持たされて、そこで働くことが顧客とともに喜びとなるような環境に身を置き、それが実感できる時にこそ真のCSの力を発揮することができるからだ。
 もう少し正確に言うと、そういう環境で働き、経営に対して厚い信頼を抱くことが実現できていれば、多少の手荒い研修でも本当の意味で身になる研修となるだろう。しかし、春闘交渉の感想を見ても、残念ながら厚い信頼が得られているとは言い難いし、そういう研修を実施している当の経営側の姿は冒頭で述べたとおりだ。そんな中でのこんな研修は、やらされ感と押し付けられ感満載となり、せっかくの“形式”さえ身にならないだろう。
 ここまで言うと、“その役員の挨拶の話は、たまたまその時がそうだったということではないか”とのご批判もあるだろう。しかし、多くの仲間は実感しているはずだ。うちの経営幹部ほど挨拶ができない幹部はいないと。そう、たまたまではないのだ。この問題は、労組からももう何年も前から指摘し続けている問題である。
 言うこととやっていることが一致していない、もしくはそう思われているということは、信頼を得る上では致命的である。もっとも、それは経営幹部だけではなく、労組幹部にだって言えることは百も承知だ。しかし、一般論では「他人のふり見てわがふり直せ」ということで戒めはできても、肝心の経営学では通用しないと私は思うのだ。

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 書記局のつぶやき…(雑感) | タグ: , , | コメントをどうぞ

この間の労理交渉で、いつも感じること…1/19正月営業交渉、2/14春闘要求提出

(6) (0) (0)

 2/14(火)、2012年春闘要求書を理事会に提出した。今回の交渉は、こちらの要求を理事会に伝えるのが主なテーマで16名もの仲間が職場の実態を訴えた。
 実は、1/19(木)にも店舗正月営業問題で交渉を行っているのだが、交渉を行うたびに感じることがある。単なる思い過ごしならいいのだが…

…つまり、こういうこと。
◎1月19日正月営業交渉にて…
 この交渉は、1/3営業に関する労組要求に対する回答(昨年11月に出されていた)の説明交渉だった。今年の1/3営業は理事会の断念によって決着したので、今度は2013年の正月に向けた交渉に切り替わって、且つ回答内容からの交渉スタートとなったわけだ。
 回答説明交渉なので、1/3営業のそもそも論はメインテーマではない。なので、その賛否についてここでは言及しない。感じたのは、経営側の労働者に対する思いやりのなさである。
 回答は、はっきり言って労働者側にとって何のメリットもない内容だ。理事会は、しきりに経営の厳しさを言い、労組要求にはこれ以上は応えられないと主張する。一方、組合員にとって求められる生協になるためには“1/3営業”は必須だと訴える。
 組合員の声に一生懸命応えようとする…その姿勢はわかるのだが、それを実行するのは労働者である。その労働者を気遣う姿勢がどうしても見えない…生協職員、あるいは小売業界なんだから当たり前でしょって言っているようにしか聞こえないのだ。
 それは、交渉後の労理会議(店舗会議)でのやり取りに象徴的に現れた。交渉のあと、それに参加した仲間から出された声や感想(意見)…到底納得できる回答ではないという声…を紹介した時のこと…
理:「交渉では、1月3日を営業している他社スーパーの来店状況を明らかにし、需要があることを訴えたが、そういう需要の実態について意見はなかったのか?」
労:「なかった」
理:「生協職員として、その部分に声がなかったこと、分かってもらえていないということが極めて残念だ」
労:「残念なのは、正月の3日に働きに出ざるを得ないという労働者の気持ちが、理事会は分からないのかということだ」
理:「…」
…つまり、生協組合員の声は充分以上に聞こえても、そこに働いている仲間の声は聞こえない…、いや、聞こえていても頭から“それは生協職員として(あるいは流通の者として)は間違っている”とでも思っているかのように見えること…。
◎長くなるが、先の春闘要求交渉でもそうだった。
 「人が足りない、それで年休など取れるわけもなく、風邪さえひけない…そんな過密なシフトで、それでもがんばっている」という主旨の声が仲間から出された。実際はもっと具体的な実態を告発する声だったが…。
 この声に対し理事会は、「今すぐその職場の実態(定数が不足しているのか、業務上の仕組みに問題があるのか)が分からないので、調べさせてほしい」
 気づく人は気づいただろう。そういう声があれば実態を調査するのは当然だ。それはいい。問題は、それこそ団交で発言せざるを得ないほど職場の実状は切羽詰まっているわけで、当然そのことをその現場の責任者が知らないはずはないのだ。ところが、このやり取りでは、理事会にはその実態が伝わっていないということになる。もし、本当に現場責任者も知らないのなら、責任者としての資質は問われるが、理事会が知らないのもやむを得ない。しかし、その発言者が語っていたように、人の募集はかけているということだから、現場責任者が知らないはずはないのだ。
 不思議に感じるのは、そういう実状がなぜ業務ルートで理事会に届いていないのかということだ。つまり、理事会(あるいは現場責任者も)が関心があるのは事業所の業績だけで、そこで働いている労働者がどういう実態におかれているかという問題について、業務上においてどれほどの関心事になっているのかということなのだ。それがちっとも感じられない。
 そこで、聞いてみた。
労:「今あった発言の実態について、事業所責任者が知らないはずはない。なのに、今理事会は“分からない”と言った。そういう労働者が置かれている実態や困っているという情報は、業務ルートからは上がってこないのか?」
理:「事実をまず把握させていただく」
 はっきりとは答えなかった。もちろん、すべてを把握するというのは困難かもしれない。しかし、この発言者が指摘した事実は、ずいぶんと前から言い続けている実態だ…もちろん現場でも訴え続けている。だとすれば、やはり現場と理事会との間のパイプがどこかで詰まっているのではと勘ぐってしまうのである。
 交渉中、専務は終始むずかしい顔をしていた。あえて心中を察することはしない。理事会だって、労働者に対してできる限りのことはしようと努力はしているのだろうし、それは否定しない。しかし、こうした声が絶えず出されているという事実を、そしてその原因に何があるのかをぜひ真剣に考えてほしいと願うばかりだ。

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

こんな店長もいるんだねぇ…

(4) (0) (1)

 こんな話を聞いた。とある労組が、その会議で自分の生協の店舗の会議室を利用した時のこと。その店舗の店長から、会議に出席しに来た労組員が「店舗入り口に近い場所に車を駐車している!迷惑だ!」と、極めて“ヒステリック”に抗議してきたという。さらに、「こんなことされるなら、次からはうちの店舗は利用するな!」、さらにさらに「こんな迷惑なことをされて、売り上げが悪いといわれてやってられない」とも言いはなったという。

 確かに職員であれば、店舗入り口に近い場所は組合員、あるいは地域の来店者に譲り、自らはなるべく遠くへ駐車するという意識を持った方が良いとは思う。しかし、それをヒステリックに喚き散らす必要があるのだろうか?その周りに組合員がいたかどうかは定かではないか、はたから見てもあまりに異常な対応ではないかと思ったのである。しかも、同じ生協に働く仲間に対して放つ言葉だろうか…?ちょっと一言、気を付けてほしいと言えば済む話ではないか。こんなのが部下を評価したり育成したりするはずの店長の姿かと思うと、とても情けなくなってしまった話だった。

カテゴリー: TOPIXニュース, 店舗事業, 書記局のつぶやき…(雑感) | タグ: | 3件のコメント