6.24ミドルエイジ第7回総会開催~!

(6) (0) (0)

ミドルエイジの会 第7回総会を2017年6月24日(土)14:30より、オルガ5階会議室にて、開催しました。

原田会長の開会挨拶のあと、「シニアライフを健やかに過ごす為に」と題して、協立病院の放射線技師の河本明彦氏による講演を聞きました。

講演では、「還暦を過ぎても、なお、若々しい心と身体を保つために」は血管の疾患と骨粗鬆症と癌に対して、食事、運動、休息、趣味の4つの点で、しっかり対策をとる必要性が説かれました。
特に、運動では週5日以上しないと効果が無いというのはショックでした。
(早速、私は日曜日から毎日30分のランを始めました。)
血管の話、骨の話、がんの話、それぞれが興味深く、特に、放射線技師としてのご自身の体験からの医師による診断の差がとても大きいという話を聞き、改めてよく調べて腕のいい医師にかからないといけないと思いました。
(バリウム検査なら、是非とも東中央病院の河本明彦氏にかかって下さい。)

その後、ミドルエイジの総会議案論議に入り、2016年度活動の振り返りと会計決算報告、2017年度活動と予算と役員体制についての報告と代議員からの意見表明の後、議案の承認を得た後、マスターズ交流会の参加報告をして、2017年度体制がスタートしました。
出た意見は、「対象年齢を55歳以上に引き上げては?」や「年金がもらえない期間の給与をもっと引き上げる運動を!」とか「65歳までではなく、働けるうちは働いて稼ぐように考えておかないといけない」などなど。

総会後は、場所を奉還町商店街の旬彩 『秀』に変えておいしい魚とお酒で心行くまで語り合いました。

参加者は総会が実出席17名、委任状65名(出席率36.6%)で交流会は15名でした。

ミドルエイジ事務局長 難波

 

 

カテゴリー: 活動日誌   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)