全県から334名が参加して、理事会に要求書を提出!

(8) (0) (2)

 2月12日(火)、コンベックス岡山において春闘要求提出団交を開催しました。雨にもかかわらず、全県から334名が参集し、理事会に要求書を提出すると同時に職場の生の声を伝えました。春闘要求書はこちら

 職場からは11名が発言。出された主な声は、以下の通り。

  • 「ブロック長の仕事が多く、大変な状況。手当の増額、支援担当の増員で業務量の削減を」
  • 「労働契約法改正の趣旨を尊重し、5年勤続以上の定時職員を無期契約に」
  • 「店舗パートの通勤車両の駐車場の扱いについて、極めて不当。正規と同じルール化を」
  • 「人事制度否決、賃金への不安が大きい。展望の持てる賃金引き上げを」
  • 「失効年休積立制度、過去の交渉で専務も介護を要する職員増に向けた対応が必要と言及、早期実現を」
  • 「ドライブレコーダーよりバックモニターが現場の声。コスト削減の折、なんでドライブレコーダーになるのか?」
  • 「物流改革でセンターのパートも早朝や夜の仕事が増加。店舗と公平に時間帯割増手当を」

 このほか、要求書にはありませんでしたが、“店舗ポイント券発行と運用”に関して、「組合員と一緒に厳しい経営を打開していこうといわれても、A店で発行されたポイント券はB店では使えず、それを知らずに持ってこられた組合員さんには、ごめんなさいと謝るしかない。せっかくご来店いただいたのに、同じおかやまコープにもかかわらずそういう対応しかできない。買われる組合員の立場になっていないのではないか」と、言ってることとやってることの矛盾を指摘する意見も出されました。

 こうした声を受けて、岡本宅配事業本部長は「支援担当の増員は検討したい」と、また三宅常務は、「駐車場問題は、できる店舗とできない店舗の不平等が生まれる問題があり難しい課題だが検討したい。ポイント券については、ここのお店に来てほしいという思いでやっている企画だったが、指摘はその通りで、店舗部としっかり前向きに検討したい」と述べました。

 最後のまとめで西崎書記長は、「本日出された職場の声は、経営の厳しい状況は共通の認識を持ちつつ、それを打開するためにも中心となる現場の仲間の力が存分に発揮できるような回答をしてほしいとの思いが伝わるものだった。理事会は来年度方針で“コア組合員を増やす”とし、そのために“ならでは商品のお勧め”や“登録商品の登録率を上げる”と言っているが、それは供給高を増加に転じさせるための必要な一つの手段ではある。しかし、実際に取り組むのは労働者であり、それには組合員とのコミュニケーションや情報収集、そのための時間とゆとりが必要で、自ら考えて組合員に提案するということが必要だ。成果や効率に追われ、ただ配達したり、品出しする余裕しかないとすれば、決して“ならでは商品”や“登録率を上げる”ことなどできない。そして、どうやったらそういう仕事のありようが実現できるのかを考えるのが経営者としての責任である。理事会は、これらの現場の労働者の想いを真正面から受け止め、積極的な回答をしていただくようお願いする」とまとめました。

 なお、理事会からは経営の現状と来年度方針に関する資料が出され、今年度着地はまだ赤字の状況が続いていること、事業剰余段階でも赤字であり、本業で黒字が確保できていないことが構造的な問題と強調しました。

 回答は3月15日(金)に出される予定です。改めて要求提出以上の参加で回答を受け取りましょう!

カテゴリー: TOPIXニュース, 活動日誌   タグ:   この投稿のパーマリンク

全県から334名が参加して、理事会に要求書を提出! への1件のコメント

  1. nishizaki より:

     店舗のポイント券の話、要求書にはなかったけど、これほど今の組織の実態を表したやり取りはなかったように感じる。「A店で発行されたポイント券がB店では使えない」…“自分の店にまた来てほしい”という思いはわかるが、買う側の立場に立った発想ではない。そして、理事会はその話を聞くと「その通りだ」と。現場では「なぜこんなことが?」と思っていることが、経営側にはちっとも伝わっていない。…が、いざ伝わってみると「もっともだ」となる。こんな事例が、実はいっぱいあるんだろう。団交の場でないと伝わらないのか?こんな事例を一つ一つつぶしていくだけで、実は供給高の推移はずいぶんと変わってくるんじゃなかろうか…。
     実はこの話、団交が始まる数分前に参加者から聞こえてきた話。要求書にはなかったが、「そういうことを発言すればいいんだ」と、私が発言を促した。理事会の反応は、発言してくれた仲間もきっと“発言してよかった”と思ってくれているんじゃなかろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)