昨日の店舗会議にて、不思議に思ったこと…

(2) (0) (3)

 店舗会議とは、店舗に関連する問題を労理で協議する定例の会議である。10/30にその会議がもたれ、主な議題は「店舗パートの採用時給の提案」問題だった。おかやまコープでパートを採用する場合は、基本的に768円が初任時給となる。しかし、店舗の仕事でのこの時給は見栄えが低すぎて応募がなく、欠員が埋まらず、現場が大変…、だから夏冬の一時金を時給に組み込み、時給の額そのものを高く見せて募集したいという提案である。

 すでに、数年前から水産と畜産のパート募集については、768円(一時金・退職金有、定昇10円20年間)ではなく900円(一時金・退職金なし、定昇5円5年間、3年以内なら768円体系への変更可)の時給で募集することに合意しているが、今回の提案は農産、デイリー、グロッサリー、サービスの部門でも同じようにしたいというものだ(ただし、金額は異なる)。

 応募がなく欠員が埋まらないなら、そりゃあ現場は大変だ。労組としては、異なる賃金体系をこれ以上導入することには必ずしも賛成ではないが、現場の実態も考慮する必要があると提案について検討を始めた…。ところが、そこで出てきた意見は、「いや、応募は来てるよ。なぜだか知らないが断っている」…というのだ。

 あれ?提案の理由が実態と違うじゃない!見栄えが悪くて応募がないんじゃなかったっけ?応募があるなら、提案の根拠そのものが崩れてしまうではないか!

 そこで、店舗会議で聞いてみた。
「現場からは応募はあると。だけど断っていると。それが事実なら、時給の見栄えが悪くて応募がないというのは事実と違うということになるけど?」

 すると、何だか色々言ってました…、以下のようなこと。
「いや、最近は応募は来ている。でも、以前は来ていなかった」…とか、
「土日は休みたいとか、仕事がきつそうとか、それで断られる」…とか、
「年齢が高すぎて…というのもあるかもしれない」…とか、
「採用面接のときに、『その時給では…』と言われて折り合わないこともある」…とか…。

 普通の人なら もうわかっただろう。そのいずれもが、時給の見栄えとは全く関係のない話なのである。4番目の話も、「その仕事の内容なら、その時給では見合わない」というだけであって、あくまで折り合えない理由は「仕事の内容」であるし、少なくとも「応募がない」という理由には当てはまらない。
 それをあくまで“見栄え”の問題にこじつけようとする理事会…。なんだか、日本語の通じない相手とやり取りをしているようで、あきれてしまったわけ。挙句の果てには、「採用面接のときに時給額を聞いて断る人もいる」なんてことも言っていたが、だいたい仕事を探している人が、その賃金(時給)を知らずに会社に来て面接を受けるなんてことがあるとでも思っているのだろうか?どうも、自分の論理が矛盾していることに気が付いていないような感じなんですよね…。

 このやり取りを通じて、個人的に思ったことがある。そもそも理事会の提案に、科学的なというか客観的なというか、そういう根拠があるのだろうかということ。何だか、一番手っ取り早いこと…この採用ができないという問題では「時給の見栄えが悪い」ということ…を理由にこじつけて、それで解決できると思い込んでいるような…。それは逆に、本当の原因を分析するということができない組織になっているのではないかと。だって、提案はいわゆる専務名で出されるわけで、組織…つまりは理事会がそれ(提案理由)を認めて提案するわけでしょう。起案者だけの問題ではないと感じるんですよね。まぁ、そうでなければいいんですけど。

カテゴリー: 定時職員部会, 店舗事業, 書記局のつぶやき…(雑感), 活動日誌   タグ:   この投稿のパーマリンク

昨日の店舗会議にて、不思議に思ったこと… への2件のコメント

  1. より:

    確かに時給はあるかもしれない。
    でも、人間、お金だけでしょうか?
    少々お金が安くても働きやすい、みんなが楽しく働いていて、ここならずっと働いていけそうって思える、自己実現につながりそう、さらに目指す理念も素敵みたいな職場がいいんじゃ?

    生協で働いている人が地域のなかで自分達のお店や労働環境をどう話してるのかってことも実は大きい問題では?
    例えば先日、店のテナントの魚屋さんのクレームを受けましたが、地域では、一般の店では店長がすぐ謝りに来るが、生協は返金しますから次回レシート持ってきてくれといわれた。って話です。こんな話はすぐに地域に広がります。なかなかいい話は広がらないのにこんな話は一瞬です。

    結局大局的には従業員満足度がポイントかと。

    小手先の対策も大切ですが、いつかは腰をすえてやらないと。今年がそうなのではないでしょうか?

  2. ハイサイおじさん より:

    まるで観念論と演繹法による経営ですな。
    こんなことでホントに大丈夫なのだろうか。ますます心配になってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)